ミニマリストたくとのブログ

一人暮らしを機にミニマリストになった者です。

どうしても捨てられない人

f:id:hihowru:20190206171117j:plain

どうもこんにちは、ミニマリストたくとのブログです。

 

本日実家にてテレビを見ていたのですが、

ちょうどヒルナンデス!がやっていて、服の断捨離をしていました。

 

捨てられない主婦のクローゼット整理というテーマで、

上品アイテムだけ残す5大法則というものに当てはめて捨てる服・残す服を仕分けしていました。

 

その5大法則というのがこちら

  1. 5ポケットのデニム以外は捨てるべし
  2. ピッタリサイズのニットは捨てるべし
  3. ボタンなしカーディガンは残す
  4. エコ&無地ファーコートは残す
  5. くるぶし隠れるショートブーツは残す

こちらの法則は、主にデザイン的にトレンドから外れているものを捨てる。という指標でした。

3のカーディガンに関しては少し違って、男性ものにもあるようなデザインの服より、女性らしいデザインの服を残すということでした。

 

女性の服は男性の服よりもトレンド的な要素が大きいので、捨てる指標もまた男性とは違ってくると思います。

本当に服が捨てられない人にとってはひとつの方法としていいんじゃないかなと思いました。

 

ひとつ気になった点があるとするならば、本人が気に入っていたり、今でも頻繁に着ている服も、法則に当てはまらないので処分という流れになっていたことです。

「服に全く興味もないし、自分で選べない」という人にとっては法則に当てはめていってばんばん捨てていくだけなので、便利な方法だと思うのですが、

服は最終的には着たいものを着ればいいと思います。

本人の納得なく捨ててしまっては、もしかしたら捨てた服をしばらく引きずってしまうかもしれません。それでは豊かなシンプルライフとは言えないのではないかと感じました。

 

 

ただ、個人的にそれよりも気になったのが、全体で服が700着あり、デニムだけで100着あったという点です。

f:id:hihowru:20190206171906j:plain

そんなことあるんだぁ…。と思いました(笑)

やはり世の中にはどうしても捨てられない人というのが存在するようで、断捨離ブームがあったのも頷けました。

持っている服一つ一つにお気に入りポイントをあげていたらキリがないので、そういった人には多少の強引さも必要なのかなと感じました(^_^;)