ミニマリストたくとのブログ

一人暮らしを機にミニマリストになった者です。

【自己紹介】ミニマリストたくとのプロフィール

(2019年9月1日更新)
 
こんにちは!
このブログにたどり着いてくれたそこのあなた!
来てくれて本当にありがとう!
 
はじめまして、私はミニマリストたくと(@mini_tact)と申します。
 
1年ほど前から一人暮らしをしておりまして、ミニマリストとしての生活を発信させていただいております。
 
「なんかミニマリストのブログやってるらしいけど、どこの馬の骨とも分からんやつの書いたことは読む気が起きんなあ」と思った方もいるでしょう。
 
そんな方のために、今回は私のプロフィールを簡単にご紹介したいと思います!

 

f:id:hihowru:20190706141955j:plain

 

1989年生まれの30歳
 
静岡県在住
 
性別:男
 
血液型:A型
 
兄弟構成:二人兄弟の長男
 
 
以上が簡単なプロフィールとなります。
次に誕生から現在までをざっくり順を追ってご説明しましょう!
 
 
 
 

「物に囲まれる=豊かさ」だった幼少期

ミニマリストたくとは、1989年に静岡県にて生まれました。
 
父、母、祖母、弟、私の5人家族で、二階建ての一軒家に暮らし、犬と猫を飼うよくある中流家庭でした。
 
幼少期は欲しいものはわりとなんでも手に入る環境で育ちました。
最新のゲーム機や流行りのおもちゃなどは出る度買ってもらっていた記憶があります。
 
子供のときに買ってもらったもの

思い出すと懐かしいです。世代出ますね(笑)

 
また、子供の頃の私は家の中で絵を描いて過ごすのが好きで、どちらかというと室内で過ごすのが好きな子供でした。
 
この時期、小学生の間くらいは「たくさん物があることが凄いこと」だと思っていました。
つまり、物に囲まれることが豊かさだと思っていた時代です。
 
 

小学6年生のときに両親が離婚

小学校6年生のときに両親が離婚し、母、祖母、弟と私の4人で小さいアパートで暮らし始めました。
それまでは別々の部屋で過ごしていた弟と、一つの部屋で机を並べ勉強し、夜は二段ベッドで寝ました。
 
両親が離婚するまでは金銭面で不自由のない暮らしをしていましたが、引っ越してからはあまり裕福とは言えない生活になりました。
 
 
私の家族は、私自身を含め、とにかく物が捨てられないタイプで、なんでもとりあえず取っておく気質でした。
明らかにいらないものでも「もったいない」「いつか使うときが来るかも」という理由でいつまでも物を置いていました。
 
そんな家族の性格や、それまで暮らしていた広い家から大量の物を狭いアパートに持ってきたということもあり、家には物が溢れていました
 
 

大学を1年で中退

中学・高校と進学し、大学にも入ったのですが1年で中退しました。

 

私はもともと「高校卒業してすぐ働くのはめんどくさい」「なんとなく学生生活を延長したい」くらいの、くそ舐めた気持ちで進学したゴミクズだったので、4年間通い卒業するのは到底無理でした。

 
また大学の空気感もなんとなく苦手で、サークルに入ったり、新たに友達を作るような活動が全くできずに絶望しました。
高校までのようにある程度強制されている中ならばまだいいのですが、大学のように「自主的に」「自分から行動して」コミュニティに所属するということがもう全然無理でした。
【悲報】自分がコミュ障だと知るって感じでした。
 
こういった理由から、大学への進学というのは人生を大きく左右するイベントですので、考え抜いて決定するべきだということを知りました。(当たり前のこと気づかなすぎ)
 
また、1年以内に中退したにも関わらず、奨学金は30歳になった今でもなかなか重くのしかかってきています。
奨学金を借りるときは、本当に奨学金を借りてまで行きたい大学なのか、真剣に考えた方がいいですよ(バカすぎ)
 
 

給料はほぼ服に使っていた

大学を1年で辞めた後、小学校のときから漫画家になりたかった私は、フリーターをしながら漫画家になるための活動をしていました。
アルバイトを週3、4日して、生きていける最低限くらいのお金を稼ぎながら、空いた時間で漫画を描き、投稿したり東京の出版社に持ち込みをしていました(結局漫画家にはなれず)。
 
また当時は服を買うのが好きで、毎月家に入れるお金以外の給料はほぼ全て服に使っていました

f:id:hihowru:20190901041052p:plain

そんな生活をしていたので部屋は服だらけになり、もともと幼少期の経験から「捨てるのはもったいない」という価値観の私はとにかく服を捨てないので、自分でも把握しきれていないくらいの服が部屋にありました。
 
最終的にどのくらい服があったかというと、おそらく一ヵ月30日間は一度も被らないコーディネートを作れるくらいはあったと思います(笑)
 
当時は毎日違う服を着ていることがいいことだと思っていました。
 
 
全然働かず、好きなことばっかりして、給料はほぼ服か遊びに使い、貯金もほぼしない。
 
大人から見たら相当ダメな若者だったと思います。
 

f:id:hihowru:20190404021816j:plain

 
 

物が多い部屋はストレスが溜まる

(軽く閲覧注意!)

f:id:hihowru:20190404022138j:plain

だいぶ断捨離後半の写真です。袋に入っているのは全部服。
そんな感じで19歳くらいから服を買いまくり、幼少期の育ち方から「物に囲まれることが豊かさ」とだという思いが根底にある私ですから、私の部屋はそりゃあもう相変わらず当たり前のように物で溢れていました。
 
  • アパートは狭いのに物が多いので動線は確保できず、家族とすれ違うのもぎりぎり
  • 物が多すぎて探し物は見つからない
  • 持ち物を把握できていないので同じものを買う
  • 家具が多すぎて掃除が行き届くことなんて一生ない
 
そんな生活の中で知らず知らずのうちにフラストレーションが溜まっていき、物に囲まれた生活にストレスを感じ始めていました。
 
 

何をやっても上手くいかない。相当こじらせる。

なかなか漫画家にもなれず、お金もなく、私はかなり人生諦めモードになっていきました。
 
生活もどんどん悪い方へ進んでいました。
  • ストレスのせいなのか毎日お酒を飲む習慣ができる
  • 19歳のときから5キロぐらい太る
  • 部屋は物や家具だらけなので「習慣的な掃除」なんてもう諦め
  • カビとホコリが友達みたいな部屋で毎日寝ていた
  • いつも体調が悪く、しょっちゅう風邪を引く
 
「金も無くて何も上手くいかない。人生終わったわ。」くらいに、かなり絶望していました。
正直他人のことも、うらやんだり、ねたんだりしていたと思います。
 
 
しかしその実、私は収入が少ないにも関わらず、たくさん服を買ったし、よく外食をしていましたし、遊びに出かけたし、デートもしたし、カラオケにしょっちゅう行ったし、帰ってから寝るまでオンラインゲームをやりまくったし、よくお酒を飲んだし、お金のかかる水槽もやっていたし、車も買いました。

f:id:hihowru:20190901015523j:plain

f:id:hihowru:20190901020604j:plain

 

今思うと、自分で自分の首を絞めているような生活ですね。
そりゃお金貯まらないわって感じです。
しかも特にヤバいのは、当時私は本気で「無駄遣いは全然していない」と思っていたことですね。
 
無駄遣いなんて全然していない、人に比べて全然贅沢もしていないし努力もしているのに、不幸になる一方だと本気で思っていました。
 
自分のせい以外の何物でもないじゃんって感じですね。
 
 

ミニマリストを知ったきっかけは部屋紹介系の掲示板サイトだった

ミニマリストを目指した最初のきっかけは、部屋を紹介する掲示板サイトに貼られていた一つの画像を見たことでした。
 
インテリアやパソコン回りを紹介する趣旨の掲示板だったのですが、そこには部屋にデスクと寝袋だけが置いてある画像が投稿されていました。
 
「これだけあれば十分じゃね?」的な、半分ネタ要素を含んだ投稿だったと思うんですが、あまりにも物がなさすぎるその画像は私にとっては衝撃的で、
もはや異世界でした。
その極端とも言えるほどの物のない部屋に、私はなんか知らんけどめちゃくちゃそそられました。
 
それ以来、「物がない 部屋」というキーワードでGoogle検索するのが趣味みたいになっていき、そしてその中で「ミニマリスト」という言葉を知ります。
 
ミニマリストで検索をし出すと、次はミニマリスト生活を紹介するブログに行きつきました。
 
私はすっかり影響されて「これになりたい!」と思いました。
ブログなどを漁ってるうちに、ミニマリストの考え方にも興味が出てきました。
 
ミニマリストの方たちのブログを知り、捨てるべきなのは物だけじゃなく、一番大事な資産は時間だというミニマリスト精神を知れたのは特に大きな出来事でした。
 
そしてこの頃から私は自分の持ち物を徐々に捨て始めるのでした。
 
 

一人暮らしをしようと思い立つ

断捨離も進み物もかなり減ってきて、私は一人暮らしをしようと思い立ちます。
 
実際自分一人で暮らすことを考えると、今まで以上に「なにが必要か」を本気で考えるようになりました。
 
引っ越しの際の荷物の移動もめんどくさかったので、スーツケース一つだけで引っ越しをしてやろう!くらいの気持ちで更に断捨離を加速させていくのでした。
 
 

家賃38000円の1Kで一人暮らしスタート

f:id:hihowru:20190404022741j:plain

持ち物を減らし、部屋の契約をし、去年2018年の8月に念願の一人暮らしをスタートさせます。

 

間取りは1Kで、家賃は駐車場代・共益費等込みで38000円です。

 

引っ越しの際荷物をできるだけ処分したのもあり、あまり物がない状態から憧れていたミニマリストとしての暮らしを始めることができました。

テレビがない、冷蔵庫もない、ガスコンロもない、電子レンジもない、炊飯器もない、洗濯機もない生活ですが、何の不自由もなく、1年間自由に快適に暮らせています(*^-^*)

 
 

生活費10万円以下で暮らすミニマリスト

f:id:hihowru:20190813010233j:plain

f:id:hihowru:20190813003611j:plain

ミニマリストになり、固定費や生活費を抑え、車持ちで奨学金返済中ながら月10万円以下の生活費で暮らせるようになりました。
 
収入は今でもそんなに多くはないのですが、不必要なことにお金を使わなくなったので、特に目標をもって貯めているわけではないのですが月に10万円以上は自動的に貯金できるようになっていました。
 
ミニマリストになってからはお酒も完全にやめましたし、掃除は5分で終わるようになって、一年のうちに風邪もほとんど引かなくなりました。
働いているだけで太った5キロ以上に痩せましたし、ストレスは劇的に減り、そして何よりも自由な時間が増えました。
 
ふと気付いてみると、ミニマリストになってからは、物で溢れた部屋で暮らしていたころの悩みはほとんど消えていました。
 
物を減らしたというだけで生活にいい循環が生まれ、生活の質が向上したのです。
 
ミニマリストとしての生活を始めて、本当の豊かさや楽しさを知った気がします。
 
 

ミニマリストたくとのブログ」を始める

一人暮らしをしている中で、せっかくなら私も自分が見てきたブロガーさんたちのように情報発信していきたいと思い、このブログをスタートさせました。
 
私の見てきたミニマリストの方たちのブログによって、確実に私の生活はいい方に向かいました。
ストレスは減りましたし、身軽になり、自分が本当になにが好きなのかを知りました。
そんな気持ちを、ぜひみなさんにも味わっていただけたらと思っています。
 
実はブログを始めた当初は、ミニマリストのブログを見ながら「自分にもできそう」くらいの超軽い気持ちで始めたのですが(笑)
 
しかしまだまだミニマリストとしての生活や考え方がしっかりと確立されていなかったので、なかなか運営はうまくいかず、ブログをやるということは大変なことだと思い知らされました。
 
それでもなんとか半年以上経ち、累計で2万PV、このブログを見ていただくことができました。
みなさん本当にありがとうございます!
 
 
これからも、まだまだ未熟ながらも、みなさんのためになるような情報を発信していきたいと思っています。
 
以上、私ミニマリストたくとのプロフィールでした。
ありがとうございます(*^_^*)