ミニマリストたくとのブログ

一人暮らしを機にミニマリストになった者です。

みなさんにはミニマリストを利用して欲しい

f:id:hihowru:20190519034743j:plain

こんにちは、ミニマリストたくと(@mini_tact)です。

 

こちらは先日の私のツイートです。

 

はい、今回はこの②の部分を詳しく話していきたいと思います。

 

 

みなさんにはミニマリストを利用してほしい

 私はブログで主にミニマリスト生活と一人暮らしについてお話しているので、見に来てくれる方は主にその辺に興味のある方だと思います。

 

ミニマリスト生活にはいろいろなお得な副産物があります

ミニマリストに少し興味がある」くらいの方でも、ぜひそこの美味しいところだけでも生活に生かして欲しいと思っています。

なので、私は「生活のこの部分をこう変えたら〇〇円お金が浮いた」というような具体的な体験談を今後なるべく伝えていけたらと思っています。

 

それでは、ミニマリストになったらどんなお得な副産物があるのかを紹介していきましょう!

 

お金の節約になる

みなさん実際に嬉しいところってやっぱりここかなと思います。

まず、ミニマリスト生活になると物を増やすことがほぼほぼなくなるので単純に出費が劇的に減ります。正直この一点だけでもミニマリストになる価値が十分あると思っています。

物を減らす段階でも、持ち物をメルカリなどで売れば一時的な収入にもなります

そして物を減らしたことにより持ち物が減るので、面積の狭い部屋に住むことができ、その結果家賃が抑えられます

 

このようにミニマリストになると連鎖的に色々な面で費用が抑えられます。

浮いたお金はそのまま貯金にしてもいいですし、たまにいいものを食べたり、旅行に行ったりできるかもしれませんね。

 

時間が増える

物が減ることで選択の時間が減ります。

有名なところだと「私服の制服化」ですね。

服を1パターンにしてしまうことで、そもそもの「今日何着よっかな」タイムをなくすというなかなかの離れ業ですね。

これができるのはなかなかのミニマリスト上級者ですが、「持ち物はお気に入りの物だけにする」という意識を持って生活していれば、選択にかかる時間は確実に減ります

 

自分にとって何が本当に必要なのかも考えるようになるので、買い物の時間も減りますし、不必要なものを選ばなくなるなど買い物が上手くなります

 

また服に限らず、物が少ないことで掃除も簡単、引っ越しにかかる労力や時間も圧倒的に少なく済みますね。

このように、物が少ないということはあらゆる面で時間短縮に繋がっていきます。

 

このブログでは何回も言っていますが、「命=時間」です。与えられた時間が尽きたら人生は終了です。失ったお金は働けば稼げますが、失った時間は二度と戻って来ません。なので本当に大切なのはお金よりも時間という意識を持ってください。

時間を短縮する術が目の前にあるのならば、迷わずそれに飛びついてください。

 

労働でしか収入がない生活から抜け出せる(かも)

これは確実にできると言い切れないのですが、現在実証中なので今後経過を報告していきたいと思います。

何をしているかと言うと、ミニマリストとして生活にかかるコストを最小限にし、浮いたお金は全て株などの投資にぶちこみます。

その過程の経験なども全てネタとしてブログにぶちこみ、だんだんと労働以外の収入、できれば不労所得の割合を増やしていき、生活コストは更に減らしていき、最終的には労働での収入をなくすところを目標とします。

 

「そんな上手くいくかよ」って思う方も多いと思うんですけど、自分の生活を実験に使っていくので、ぜひ興味のある方は一つのサンプルとして見ていただければと思います。

 

最新の技術に詳しくなる

ミニマリストにとって最新の技術は切っても切り離せません。

電子書籍を購入することで、家に本を一冊も置かないということもできます。

電子マネーにより財布の中の小銭がなくなったり、買い物の際の時間が劇的に減ったりもします。

電子化の恩恵は計り知れないですね。

このように、最新の技術を取り入れることにより生活は劇的に豊かになります。

 

ミニマリストになることによって、最新の技術やテクノロジーには常にアンテナをはるようになりますので、自然と最新の技術に詳しくなります。

時には「いつも新しいものに詳しいね」なんて言われるかもしれませんね。

 

心に余裕ができる

みなさんの働く主な理由って生活費を稼ぐためですよね?

多くの人は明日生きていくために労働をしなければいけません。

前述ですがミニマリストならばその生活費をなるべく抑えることができます。

仮に限界まで生活費を抑えて一ヵ月を7、8万で生きていけるとしましょう。そうしたら正直仕事がある日なくなったとしてもバイトすれば生きていけます。

生活費を極限まで抑えられるというのはこういった心の余裕に繋がりますし、これって大きな強みだと思います。

私は生きている上で「選択肢がある」というのが大事だと思っています。何かをしているとき、特に強いのは「いつでも辞めることができる」ことです。

 

例えば、大きな家に住んでいて高い家賃を払っている。家庭を持っているなど、毎月大きな金額を何かにつぎ込まなければならない。ローンの返済をしなければならない。

など、仮に一ヵ月の給料のほぼほぼが一ヵ月中に使われ、ときには赤字のときもあるような生活をしているとしましょう。

そしてそれ故に、「今突然仕事がなくなったら困る」「収入がなくなったらやっていけない」と思いながら生活をしていて、正直嫌だったりやりたくない仕事をしていても生活を変えることができない。とします。

正直、個人的にはそんな生活って楽しいですか?と思ってしまいますね。

人によっては心が壊れてしまいますよ。

 

そのように自分を追い込むくらいならば、ミニマルな生活でぜひ心に余裕のある自由な暮らしをしていただきたいです。

 

関連記事

ミニマリストな私の一ヵ月にかかる固定費を公開します - ミニマリストたくとのブログ

固定費を抑えることで人生に起こる絶大な効果 - ミニマリストたくとのブログ

一人でばっかり行動していたら私に起こったこと - ミニマリストたくとのブログ