ミニマリストたくとのブログ

一人暮らしを機にミニマリストになった者です。

【本当に必要?】車を所有するコストを考える

f:id:hihowru:20190615221738j:plain

こんにちは、ミニマリストたくと(@mini_tact)です。

 

みなさんは車を所有するためのコストがいくらなのか、意識したことがあるでしょうか?

 

結論、車を所有するには月に1万2000円程かかります

 

あらゆる金額を「どちらかと言うと安め」に設定しているので、これ以上にかかる可能性も十分にあります。

 

車を持つにあたって、いったいどういった部分にコストがかかるのか、そしてそれだけのコストをかけて所有する必要が本当にあるのかどうかということについて考えていこうと思います。

 

 

車を所有するにはどういったコストがかかるのか

f:id:hihowru:20190616015630j:plain

車を所有するには、主に

  • 車検料金
  • 任意保険料
  • 自動車税
  • 点検等の料金

がかかります。

 

車検料金

車検代ですが、調べてみたところだいたい相場は10万円ほどのようです。

車検を行う場所や、乗っている車により料金は変わってくると思います。

「自分はもっと安くやっている」という方もいるでしょうが、軽自動車を所有している私は今年の車検で125,000円かかったので、今回は10万円と設定させてください。

大きな車を所有する方はもっとかかる方も多いと思います。

 

任意保険料

こちらも、保険の内訳、乗っている車、年齢などでかなり金額に幅ができるところですが、ここは年間5万円とさせていただきます。

年齢が低かったり、初加入だったりすると余裕でもっとかかります。

抑えようと思えば更に抑えることができますが、どちらかというと安めの保険料の設定になっている思います。

(私は20等級でゴールド免許で軽自動車ですがもっとかかっています。)

 

自動車税

普通車は排気量により自動車税が異なりますが、最低でも3万円ほどはかかります。

ここでは仮に一年間で3万円とします。

こちらは普通乗用車の最低額ですので、乗っている車によっては5万、6万とかかる部分です。

 

点検等の料金

一年点検や、オイル交換等の費用をまとめて2年間で5万円と設定させていただきます。

 

以上の料金を合計すると、2年間で31万円となり、

24ヵ月で割ってみると、一ヵ月12,916円となります。

普通車設定でかなり安めに設定した金額です。

私は軽自動車を所有していますが、この2年でかかった金額はこれ以上でした。

 

ガソリン代・車自体のローン代を含めると…

f:id:hihowru:20190616020839j:plain

お気づきだとは思いますが、この一ヵ月12,000円という金額にはガソリン代や車自体の費用は含まれておりません。

 

ガソリン代は、完全に移動距離によって変動してしまうという点。「所有」をするだけなら払わなくてもいい部分であるという点。電車などで移動する場合の切符代の部分に相当するのでは?という点から今回は含めずに計算いたしました。

 

車自体の費用も払い終わっている前提で計算をしました。

ですので、ガソリン代や車のローン代を含めるとすると、月に3万前後、あるいはもっとかかるかもしれません。

 

Twitterやブログにて、「車を持たなくなって面白いくらいお金が貯まる」というような意見も目にしますが、それも納得する金額かもしれませんね。

 

そこまでして所有する必要があるのか

f:id:hihowru:20190616020958j:plain

さて、ここからある意味本題ですね。

そこまでのコストをかけて、果たして本当に車を所有する必要ってあるのでしょうか?

 

車を所有することで得られるメリット

まずは車を所有しているとどんないいことがあるかを考えていきましょう。

  • 好きな時に好きな場所に行ける

車を持っている人が所有することに拘る理由はこれに尽きると思います。

他にも

  • 車を持っているとステータスになる
  • 運転自体が好き

などがあると思いますが、好きな時に好きな場所に行けるというメリットが大部分を占めるでしょう。

特に地方では、公共の交通機関が都会ほど充実しておらず料金も高いです。都会のように必要な施設が密集しておらず、目的地までの距離があることも多いため車は必須とされています。

「普通大人だったら一人一台、車を持っている」くらいの感覚です。

それ故に、正直自分の収入をふまえて「収入の何%の割合のコストだったら車を持つ」といったような基準を持って車を所有している人はほぼいないです。

そのため「みんな持ってるから」くらいの感覚で、思考停止状態で車を買って自分の生活を苦しめている方も多いと思います。

 

車はなかなかのワーキングプア製造機

こちらは私のツイートです。

これ信じられないけど本当の話なんですよね。かなり元も子もないことをしている方も実際います。

例えばですが、「車を持っていることで30万円を生み出す」ことができるが、「車を維持するのに30万円のコストがかかる」のであれば、最初から何もしなければいいのにと思うわけです。

仕事で失う時間や、受けるストレスなどのリスク分損ですよね。

 

もちろん私は車を持つ意味が完全にないと言いたいわけではありません。場合によっては車を所有することは全然ありだと思っています。

では、車を持ってもいい場合というのはどんなときと言えるか考えてみましょう。

 

車を持つ必要がある場合はどんなときか

  • 車にかける費用以上のメリットがある
  • 値段以上の価値を感じている
  • 仕事で車両手当が出る
車を所有することで車のかける費用以上のメリットがある場合

例として、車に月3万円のコストがかかるが20万円を稼ぐことができるならば車を持つ意味はあると言えますね?

ただ車の利用が「通勤」だけなら「車の所有によって利益を得ている」とは言えませんよね。通勤するだけなら距離によっては自転車でもいいわけです。

 

値段以上の価値を感じている場合

車自体が趣味と言う方も多いと思います。

車をいじるのが好きだったり、ドライブが趣味だったり。またいい車を持つことをステータスに感じるなど。

車を持つことによって幸福度が上がるのであれば車を持つ意味もあるかもしれませんね。

 

仕事で車両手当が出る場合

私がこの場合に当たります。仕事で車を使用するため、給与の中の2万円が車両手当として充てられています。逆に言うと車を持たなくなった場合給料が2万円減るので、月の車を所有するコストが12,000円ならば、まあ車を持っていてもいいのかなという感じです。

ただ車をかなり長距離走らせなければならない仕事の場合、普通より早く車が潰れるので、長い目で見たら損をしているかもしれません。

 

車を運転するリスク

車を運転することには無視できないリスクがあります

  • 人を轢くかもしれない
  • 自分が死ぬかもしれない

重い物体が高速で移動しているので、このくらいのリスクは当たり前にあります。

もちろんこういうことがないように、運転時は細心の注意を払うのは当たり前なのですが、事実世の中では毎日交通事故が起こり、恐らく人が運転している限りは無くならないですよね?

自分が気を付けていたとしても、後ろを走るトラックの運転手が寝ていたらアウトです。

 

このようなリスクから、「車を持っていることでいくら稼げようが、どんなメリットがあろうが、命に関わるリスクがあるなら所有しない」という意見があったとしたら、それも当然の意見なのかなと感じます。

また、そういった意見の方がミニマリスト的な意見ではあるようにも感じます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

前述ですが、「車は持つべきではない」ということを言いたいわけではありません。

きっと所有することによりプラスになることもあると思います。

この記事により、車を持つことにより生まれるコストやリスクを頭に入れ、整理し、もう一度考え直すきっかけになってくれれば幸いです。