ミニマリストたくとのブログ

一人暮らしを機にミニマリストになった者です。

一人暮らし男性ミニマリストの部屋公開【冷蔵庫編】

こんにちは、ミニマリストたくと(@mini_tact)です。

 

本日は久しぶりに部屋公開していこうと思います。

 

前回の部屋紹介はこちら↓

 

www.minitact.com

 今回は冷蔵庫編ということで、まずは写真を載せていきたいと思います。

f:id:hihowru:20190629132150j:plain

こちら!

はい、当ブログでは何度も話しているのですが、私は冷蔵庫を持っていないのでこちらは「本来冷蔵庫を置くスペース」です。

 

冷蔵庫を置くスペースには今ゴミ箱だけが置いてあります。

ちなみにペットボトル用のゴミ箱です。

 

他のゴミは全て流しの下のスペースに収まっているのですが、ペットボトルはよくゴミが出る&捨てれる日が月1なので大きめのゴミ箱を置いています。

しかし、最近はスーパーなどでペットボトルを回収している場所にゴミを出しているので、こちらのゴミ箱も無くしてしまおうか検討中です。

 

冷蔵庫がないので、冷蔵庫の本体代も、冷蔵庫にかかる電気代もゼロで生活ができます。

隙間にゴミが溜まることも、虫が入り込むこともありません

冷蔵庫から発せられる微妙な音もなしです。

 

見た目にもすっきりしていて、このスペースに椅子を置いたら、くぼみにすっぽりと入り込んでしまうことも可能です。

f:id:hihowru:20190630164050j:plain

イコール、動線にはなにもない状態でストレスなく部屋を広々と使うことが可能です。

冷蔵庫なし生活はなかなか快適です。デメリットはものが冷えないことくらい。

 

しかし、私は近所のスーパーをお金を払ったら取り出せるでっかい冷蔵庫だと思っているので全然大丈夫です。

 

スーパーを冷蔵庫として利用しているので、必要なものだけを買うということが身に付き、冷蔵庫の中で使わなかった食材がいつの間にか腐っていたなんて経験もゼロです。

 

物の少ない生活をするには、街を電化製品や収納として利用することが大事ですね。

 

街を有効活用し、無駄なものを部屋に置かないことで、部屋を広々と、そして雑念なく暮らすことができます。

 

「部屋に冷蔵庫ないです」と人に言うと、「何食べてるんですか?」としょっちゅう言われますし、「どうやって生きてるんですか?」なんて言う人もいます。

が、正直余裕というか、むしろ無い方がストレスのない生活を送れます。

 

そのくらい、冷蔵庫=必要不可欠なものというイメージが定着しているということなのでしょう。

が、必要不可欠となぜか思い込んでしまっているものの中にも、実はいらないものがあったりするので、今一度考え直してみるのもいいかもしれませんね。