ミニマリストたくとのブログ

■ 今日からできるシンプルで機能的な暮らし ■

香水を使わなくなった理由

f:id:hihowru:20190531040619j:plain

こんにちは、ミニマリストたくと(@mini_tact)です。

先日、唯一持っていたクリニークのハッピーフォーメンという香水を処分し、私の今持っている香水はゼロとなりました。昔は20個以上香水・フレグランスを持っていた香水好きな私が、香水を使わなくなった理由をお話します。

 

 

日本人の文化と香水

日本では街を歩いても香水を使う人はあまりいなく、少数派だと感じますがいかがでしょうか?日本人の香水使用量は多い人で年間100mlほどですが、ドバイなどの中東諸国では3~5リットルが香水の使用量の平均だそうです。そのくらい、香水は毎日使う日用品になっているのですね。

世界的に見ると日本人は香水を使う習慣が少ないと言われれています。日本の香水の市場規模は、人口が半分ほどのフランスの3分の1程度というデータもあります。フランスの新聞ル・モンドには゛「好きな香りを自由にたしなむこと」は「空気を読まないこと」だと考える日本の国民性が香水が売れない理由”という記事が出たこともあるそう。

 

外出時に香水を使うと落ち着かない

私は個人的にどんなにいい香りだと思う香水でも、つけて外出すると落ち着かない気分になることが多いです。いい香りだと思われたいというポジティブな感情より、「あ、この人香水つけてる」って思われたくないというネガティブな感情の方が大きい。これも先ほどのデータが関係しているのでしょう。日本人は人と人との距離が近く他人に配慮する・奥ゆかしさを美徳とする国民性なので、香水を使う人は少なく少数派となります。

私は今では何もつけないで外出するときの気兼ねのなさのほうが心地よいと感じます。もともと外出時に使うよりは家の中で使うことの方が多かったですが、1日中家にいるかどうかは確実なことではないので、いっそ使わなくてもいいのでは?という結論になりました。

 

香水の原価率について

香水の原価率ってびっくりするくらい低いらしいです。売れば売るほどめちゃめちゃ儲かるのが香水。香水が売れることがブランドのステータスとなっているという話もあります。

さらにブランド品には土地代やら広告代、起用しているモデル・著名人の人件費が乗っかています。

f:id:hihowru:20220306160419j:plain

出典:インベスターZ

私の好きなインベスターZにこんなシーンがあります。ブランド品、中でも香水に対してわざわざ自分の大事な資産を払ってまで手に入れる価値があるかと考えると疑問です。

 

まとめ【香水を使わなくなった理由】

ここまでをまとめてみると、

・香水に対するまわりの感じ方が気になる

・なにも使わないことの方が心地よい

・香水に価格に見合う価値があるのか疑問

以上の理由で私は香水を使わなくなりました。香りに関するアンケート、意識調査では、結局のところ「柔軟剤」「石鹸の香り」が好きという意見も多くを占めます。今後は香水を使わないので、香水を探したり調べたり試したりする時間も削除できると考えると嬉しいです。

 

いつも応援クリックありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村