ミニマリストたくとのブログ

一人暮らしを機にミニマリストになった者です。

2年間コインランドリー派だったミニマリストが洗濯機を買った理由【縦型?ドラム式?】【AQUA AQW-GV70Jレビュー】

f:id:hihowru:20200908230841j:plain

こんにちは!最近洗濯機を購入したミニマリストたくと(@mini_tact)です。
 
今回は、一人暮らしを始めてから2年間コインランドリー派だった私が、洗濯機を購入した理由をお伝えし、購入した洗濯機【AQUA AQW-GV70J】についてレビューしたいと思います!
 

コインランドリー派だった私が洗濯機を買った理由

さっそく、まずは一つ目の本題、「私がコインランドリーから洗濯機にした理由」を話していきたいと思います。結論から言うと「めんどくさいことをしたくなくなった」というのが一番大きい理由ですね。
洗濯機購入にもコインランドリーにも、それぞれメリット・デメリットがあると思いますので、まずはそれぞれ挙げていきたいと思います。
 
洗濯機
メリット
  • いつでも家で洗濯できる(近隣に迷惑でない時間)
  • お好みの洗濯コースが選べる
  • 好きな洗剤・柔軟剤が使える
  • 長い目で見ればコインランドリーよりコスパがいい
  • 所持する服が少なくて済む
  • 気軽に布団カバーや毛布を洗える
デメリット
  • 洗濯量に限りがある
  • 洗剤・柔軟剤等、物が増える
  • 引っ越しのとき、「スーツケースのみ引っ越し」できなくなる
コインランドリー
メリット
  • 強力で大きな乾燥機がある
  • サイズの大きい洗濯機がある
  • 夜中でも洗濯できる
  • 家に洗剤や柔軟剤を置いておかなくていい
デメリット
  • 人の出入りがある
  • 洗剤・柔軟剤が選べない
  • 洗濯物を外に持ち出さなくてはならない
  • 洗濯している間行動できない
  • コインランドリーに行くと小銭が増える
  • コインランドリーが近くにないと時間がかかる
 
こんなところが挙げられますね。他にもあるでしょうか?
もともとなぜ2年間もコインランドリーに行っていたか。洗濯機を買うお金がなかったわけではありませんよ。
まずミニマリストとして大きな家電製品が増えるということに抵抗がありました。引っ越しのことなど考えると煩わしいですからね。数万円~十数万払ってわざわざ大きい家電持たなくても、「街を所有物化する」考え方で、そこまでコストも高くないんだしコインランドリーでもよくね?といった考えでした。実際2年間そんな生活を続けられたので、人によってはそれで問題ないと思います。
しかし、実を言うと電子レンジや冷蔵庫などの家電は欲しいと思ったこと自体がほぼなかったのですが、洗濯機だけは「ちょっと迷うな」という思いがずっとありました。一度洗濯機のある生活を体験してみて比べてみるのもいいのでは?と、購入に踏み切った感じですね。
洗濯機購入に関して、自分の中で特に大きな決め手となった点は、「外に服を持ち出さなくていい」「所有する服が少なくて済む」「時短になる」という点ですね。つまりめんどくさいことをしたくなくなったのです。私の家からコインランドリーはそこまで近いというわけでもなかったですし、洗濯の度に100円玉が増えるという点がなくなったのもかなり気分的に大きかったです(笑)
 

縦型洗濯機?それともドラム式?

洗濯機を買うと決めたら、次に気になるのはどんな洗濯機を買うかということです。特に、縦型とドラム式ではどこがどう違うのかなど私は全く知らなかったですし、気になるところですよね。自分はわりと調べてから買い物をするタイプなので、まずは縦型とドラム式の特徴、メリット・デメリットをざっと調べました。
 
縦型洗濯機
メリット
  • 洗浄力が高い
  • 本体サイズがコンパクト
  • 価格が安い(3~20万)
デメリット
  • 乾燥機能がついていてもパワーが弱い
  • 一度に使う水量が多い(水道代が高い)
メリット
  • 乾燥機能が強い
  • 節水に優れている(水道代が安い)
  • 洗濯物を入れてボタンを押せば着られる状態に
デメリット
  • 本体サイズが大きい
  • 価格が高い(15~30万)
  • 持ちあがった服が落ちるため音が結構大きい
  • あとから洗濯物が出てきたとき追加できない

 

調べた感じの感想としては、ドラム式は「洗濯を楽にする」という点では最適解といえるけど、まだまだ機能的には課題が多いものだという印象でした。実は昔ながらの縦型洗濯機が勝っている点もたくさんあります。調べている中で、「ドラム式を使っていたが、縦型に買い直した」という方もいました。また、洗濯機の寿命は基本的に7~8年とのことらしいです。消耗品のようなものであるなら、私はそこまで費用かけてドラム式を買う必要ないなという結論に至りました。私は家にいるときは常にエアコンつけっぱだし、脱水してあれば洗濯物すぐ乾きます(コインランドリーでも乾燥機かけないこと多かった)。なので、乾燥機能もなくてOKです。

 

AQUA(アクア) AQW-GV70Jを購入!その理由は?

f:id:hihowru:20200908230841j:plain

「縦型の洗濯機を買おう!」と決めたら、次はどのメーカーのどの洗濯機を買えばいいかですが、知識のない私にはさっぱりわかりませんでした。機能もいろいろあるし、洗濯の容量もどれを選べばいいのか迷いますよね。値段も、安いと3万円台からありますが、高いと何十万もしてめっちゃ幅あるんですよね。

結論、いろいろと調べたうえでAQUAのAQW-GV70Jを購入しました!その理由を説明していきます。

 

コインランドリーの洗濯機は7割以上がAQUA製

洗濯機は様々なメーカーから販売されています。パナソニックや日立、東芝などに比べるとAQUA(アクア)というメーカーはあまり聞きなれないかもしれません。もとは三洋というメーカーです。あまり聞きなれないかもしれませんが、実はコインランドリーの洗濯機の7割以上がAQUAの洗濯機です。つまりプロが信頼し実績ある洗濯機メーカーと言えますね。

 

デザインがいい!

実はデザインに一目惚れしたっていうことも理由の一つとしてあります(笑)フタがガラスになっていて洗濯しているところが上から見えます。白を基調としていてシンプルだし、一目見て「これが欲しいなあ」と思わせる秀逸なデザインだと感じました。

 

洗濯量よりもインバーター付きが欲しかったので7kg

洗濯機には洗濯量別にサイズがいろいろあって、そこも悩むポイントですよね。私は洗濯量7kgのものを購入しました。最初は一人暮らしだし、ミニマリストだし、持っている服もめちゃめちゃ少ないので5kgとかでもいいかなと思ったのですが、静音性の高いインバーターつきの洗濯機が欲しかったので、少し値段は高くなりますが7kgのものを買いました。(インバーターつきの洗濯機は7kgから上のサイズくらいしかないです)

 

AQUAのAQW-GV70Jのレビュー。使用してみた感想。

では、まだ日は浅いですが実際に洗濯機を購入してみた感想をお伝えしていきます。

値段は65,000円でした。

家電量販店の楽天市場店で購入し、値段は65,000円でしたが、なんかわけわかんないくらいポイントがついて実質5万円台で購入することができました。実は更に低価格帯の洗濯機(3万円など!)もあるのですが、使用者のレビューが気になり安心できるメーカーにしたくてAQUAを選びました。

最短で10日くらいで到着し(予定が合わなかったので翌週にずらしましたが)、設置もスムーズで説明もとても丁寧でした。


 

 

音がめちゃめちゃ静か!

使用してみてまず思ったのは音がめちゃめちゃ静かです。うちみたいな鉄筋コンクリートのマンションなら深夜に洗濯しても全然いけるんじゃね?って感じです。

 

洗濯しているところが見えて癒される

ガラストップで上から洗濯しているところが見れるのもめちゃめちゃいいです。洗濯されている服を見るのはとても癒されます(この気持ち分かる人いますか?)。

 

アリエールのジェルボールと共同開発商品

f:id:hihowru:20200908231911j:plain

こちらの洗濯機はアリエールのジェルボールと共同開発した商品らしく、「ジェルボールコース」というものがあります。ジェルボールがお試しでついてきて、設置してすぐ洗濯できたのが地味によかったです(笑)

 

まとめ【コインランドリー派だったミニマリストが洗濯機を買った感想】

結論!自分としては珍しく、買ってからしばらく経たなくても、数日くらいで「買って正解だったわ」と感じたとてもいい買い物でした。

私はもともと洗濯自体は嫌いじゃなかったのですが、コインランドリーに行っているときは洗濯が「やらなければいけないこと」といった感じでした。しかし、今では洗濯自体が楽しいし、無駄に回したい(笑)自分に合った洗剤や柔軟剤を探すのもわくわくします。

一言でいうと「洗濯が趣味になる」という感じです。めんどくさいことが一つ減って趣味が一つ増えると考えたら、金額的にもめちゃめちゃコスパが高い買い物だと言えます。

洗濯機の購入で迷ったら、最安値で間に合わせるより、多少値段が上がっても欲しいものを買った方がいいのかもしれませんね。もしどれを買おうか迷ったら、ぜひAQUAのAQW-GV70Jも候補に入れてみてください。