ミニマリストたくとのブログ

一人暮らしを機にミニマリストになった者です。

お金と仕事の理想と現実

f:id:hihowru:20190501022632j:plain

こんにちは、ミニマリストたくと(@mini_tact)です。

 

私には、人と違っても主張できることがいくつかあります。

 

例えば、結婚はメリットを感じない限りしたくないし、結婚をしたとしても一緒には住みたくありません。

 

そういうことを言うと大抵は驚かれたり引かれたりしますし、世間一般の意見からしたらズレていて少数派の意見であることは理解しています。

が、私は本気でそう思っているので声を大にしてそう言うことができます

 

この例に限らず、みなさんも「人と違うということは理解しながらも本当に思っているからこそ声を大にしても主張できる」ことっていくつかあるのではないでしょうか?

誰になんと言われようが大丈夫。と思えることです。

 

私にもそういったことがいくつかあり、むしろ人より多いと思っているのですが、お金と仕事のことに関してはなかなかそう簡単にいきません。

 

 

世の中の人は、ある程度時間ややりたいことを犠牲にしたとしても、できるだけお金を稼ごうとする人の方が多いと思います。

特に男性はそうあるべきという風潮は根強いですね。

そしてその中で結婚し、子供を産み、家族分の収入を稼ぐという、いわゆる日本人の普通像ですね。

 

働ける余裕がある。まだまだ社会に差し出す時間が余っているのに、のんびり自分の時間を過ごしているような人は「なんで?」という顔で見られます。

世の中は大して稼ぎもせず社会貢献していないやつや、楽して生きている人をなかなか許してくれませんアフィリエイトで収入を得る人を「アフィカス」なんて中傷して呼ぶ人もいますよね。

社会にはそういった中傷や無言のプレッシャーのようなものがありますよね。

年収なども人を判断する材料のひとつで、低所得者を嘲笑するようなことも残念ながら世の中にはあります。

そういった理由から、私は同級生に「今仕事なにしてるの?」って聞かれたときに返す一言の為だけに働いているような気さえします。

 

 

現状私がお金や仕事に対してどのような考え方かというと、生きていくのに必要十分なお金だけ稼ぎ、時間の切り売りは抑えなるべく好きなことをやっていたい。

お金も大事だけど、自分の時間を大事にしようよ。って考えです。

というかできれば働きたくない(笑)

しかし実際には、「定時は都市伝説」系の会社で会社員として毎日残業して働いているという現状です。

なるべく働きたくないという本心がありながらも、心のどこかでは「残業してまで働いているから社会の働かない者へのプレッシャーから逃れられる」という安心感も感じています。

 

相反する二極化した考えの間で自分自身戸惑っている現状があると言えます。

冒頭で話した例とは違い、「最小限だけ稼いで好きなことやった方がいいじゃん」という人とは違う考えを持ちながらも、それを実践して堂々と声を大にしては言えないような現状なわけです。

 

 

この話の行きつく先は、結局必要最低限の収入とはいくらなのかというところでもあると思います。

一ヵ月10万円ほどで暮らしていけるから、12万円ほどだけ稼ぐというのが必要最低限なのか、自分や親の老後分まで考えて今できるだけ稼ぎなるべく貯金をして遊ぶお金も稼ぐというのが必要最低限なのか。

そう考えると、世の中の時間の限り働いている方たちもある意味では必要最低限だけ稼いでいるという感覚なのかもしれません。

 

ただみんな自分の必要最低限が分かっていなくて、なんとなく将来の不安からなるべく稼いでおこうとしているのではないかと思います。

私もそんな自分の必要最低限が分からない人の一人なわけですが。

だからこそ本当のやりたい理想がありながら、実際の行動では理想通りいかず、二極化した考えで戸惑っているわけです。

 

 

この現状に対して解決策はいくつかあると思います。

一番有力なものは、今の仕事を続けながら副業を始め、副業が生活費をまかなえるくらいのものになったら退職するという方法ですね。副業が自分の好きなことで、「好きなことで生きていく」になれば尚よしです。

他には、今すぐ仕事を辞めて生活ができる分だけバイトなどをする。という方法ですね。これは正直後悔しないとは言えない方法ですが、ありだとは思います。

私には「人生ストレス溜めたら負け」という考えがありますし、会社員として消耗するよりはよほどいい生活だと感じるかもしれません。拘束時間も少なくなるので副業やブログが捗るのも確実です。

私自身、「自分はたくさん働いて稼ぐより自由な時間を大切にしたい」という主張のもとバイトをしている方がいたとしたら本気で応援したくなると思います。

「もっと働く余地があるんだから働けよ」なんてきっと思わないことでしょう。

そう考えると、もしかしたら以前ほどは自分の時間を大切にするものへの社会のプレッシャーというのは無くなっているのかもしれませんね。

 

 

こればっかりは、正直すぐには自分の中で答えが出ない問題ですね。

みなさんはお金と仕事に関してどういった考えをお持ちでしょうか?ぜひ意見を聞いてみたいです。