ミニマリストたくとのブログ

一人暮らしを機にミニマリストになった者です。

えらいてんちょうの「しょぼい起業で生きていく」を読んだ単純な私はすっかり影響されたのでした

f:id:hihowru:20190716233755j:plain

こんにちは、ミニマリストたくと(@mini_tact)です。

 

先日こちらの「しょぼい起業で生きていく」という本を購入しました。

 

しょぼい起業で生きていく

しょぼい起業で生きていく

 

 

きっかけは、他のミニマリストはてなブロガーさんがこの本が好きみたいで、それを見てずっと気になっていたんですが、なかなか機会がなかったところ先日ようやく買ってみたという感じです。

 

内容が本当に面白く、結構ライトでさくさく読み進められて、私は2日ほどで読み終わりました。

 

この本ではどんなことが書かれているかというと、

  • 組織で働くのが無理なら起業しよう
  • 「しょぼい起業」は不況に強く、つぶれにくい
  • 「店を開くには大金がかかる」は大ウソ
  • 準備資金がゼロでも大丈夫
  • 現金だけが儲けではない

簡単に抜粋するとこんな内容です。

 

少し前から起業をしてみたい欲はなんとなくあったのですが、「はたして大きなリスクを取ってまでやることなのだろうか?」「自分一人が生きていくだけ稼ぐ小さい起業があるのでは?」「会社組織は人を雇うからおかしくなるのでは?一人でやれば無駄がなくいつでも辞められて最強では?」などと考えることもありました。

この本はまさしくこの辺に対して完璧に答えてくれる一冊でした。

 

また私は、この今のネット社会ですから、起業するならば実店舗は持たずにネットビジネスをするのが現実的だろうと思っていました。

が、この本を読み完全に考えが変わりました。

マジで実店舗持ってそこに住んでどうせ払う家賃をそっちに充てたい!

どうせ絶対にかかるコストを利益に変えるとか、考え方がミニマリストすぎて震えました。

 

「その手があったか!」と思いました。

私は「その手があったか!」ということが好きです。

だからこそミニマリストというものにもハマったのだろうと思います。

 

 

少し私のことについて話そうと思います。

私は結構そのときどきでハマっていること、どうしてもやりたいことがたくさんあります。絵を描くことだとか、ゲームだとか、語学を勉強することだとか。今だとブログもその一つですね。

そんな私の性格からすると、会社組織で働いている間は死んでるのと同じで、退勤してから次の出社までが楽しい生きている時間という感覚なんですよね。

 

そんな人生ってどうなんだろう?

とよく疑問に思います。

一度しかない自分の人生、好きなことばっかやって生きてもいいのではないか?

お金の為だから仕方ないとつまらないことを続けるのは正しいことなのか?と。

 

この本は、その疑問に対する一つの答えでした。

 

 

また、私の人生に対する考え方として、「やりたいことは全部やってから死にたい」というものがありまして、一つの仕事をずっとやることに興味がないというか。

カラオケが好きだったのでカラオケのバイトをしましたし、服を売ってみたかったからアパレル店員もやりました。

あとやってないのはカフェ店員くらいかなとか言っていたのですが、この本を読んでみて「え?まさかカフェ店員できる?しかも自分の店として?」という突如沸いた完全に不意打ち的なワクワクが生まれてしまったのです。

 

 

しかも、しかもですよ?

最近私は「自分の幸せのことだけ考えろ」と言われた出来事があり(そんなことある?っていうツッコミはいったん置いておいてください)、自分の本当にしたいことってなんだろうか?と考えたときに、「個展を開いてみたい」というのが浮かびました。

趣味で絵を描いて、溜まったらいつか個展を開けたらいいなーなんてなんとなく思っていたところ、自分でカフェとか経営したら、たまに自分の店で個展したらいいやん!と思ってしまいました。

 

しょぼい起業素晴らしすぎん!?

 

しかも暇なときは店番しながらブログも書けるわけですよね。

 

暇な時間はブログなどの好きなことができて、お店が稼働している時間は、こっちとしては家にいるだけなのに利益が出る。

いろんな意味で果てしなく無駄がない最強のミニマリズムじゃね?と思いました。

 

あまりにも現状の最適解すぎてとりあえず近くの空き店舗を調べましたよね。

しかも結構よさげな店舗があっちゃったりして。

 

この計画はもしかしたら結構本格的に進むかもしれません。

起業なんてどうせ絶対失敗するし、「起業したけど〇ヵ月で潰しましたwww」なんて笑い話になればそれはそれでいいかなくらいの気持ちです(笑)

なにより社長と呼ばれてみたい(笑)

 

 

最後に、この本のすごいところは、読み終わったときに経営についてなんとなく詳しくなっているところだと思います。

経営について細かく書いた解説書というわけではないのに、なぜか読み終わったとき世の中にある会社の仕組みが少し分かるようになっているんです。

そして意外と世の中の会社なんて適当に始まってて、なんとなくありつづけてるなんてものもあるのかもな、と考えさせられました。

 

興味が出た人はぜひ読んでみて下さい。

買って損はない一冊だと思います。

 

 Amazonで購入可能です↓↓

しょぼい起業で生きていく

しょぼい起業で生きていく